イベントのご案内

【開催終了】地域ブランディング協会主催2016年12月度セミナー

日 程 2016年12月13日(火)
場 所 日本橋とやま館
出 演 永田宙郷/大治将典

~クリエーターズトーク vol.2~
デザインがもたらす可能性とは? 富山を外から見る! 
===========本イベントは終了しました==========
いま一番旬な富山を発信するスポット、「日本橋とやま館」。同館の〝クリエイターズトーク〞シリーズの第2弾を、当協会12月度セミナーとして、12月13日(火)に開催いたしました。
今回のテーマは「外から見た富山のデザイン力」。ゲストは、「つくり手」と「伝え手」、「使い手」の三方をつなぐことを目標に、展示会やワークショップなどの活動を行う「ててて協働組合」をともに立ち上げた、プランニングディレクターの永田宙郷氏と手工業デザイナーの大治将典氏。
地域におけるデザインで大切なことは、「地域にもともとあったものを、いかに生かし変化させるか」だという。地域の内側にいる人間ではない立場から、異なった〝フォーカス〞で地域を眺めるからこそ、見えてくるものがあるなどのコメントを寄せられたました。
次回もどうぞ、お楽しみに!
=================================

地域のメーカーが、プロデューサーやデザイナーとコラボレーションする――。最近では多く見られる、そうしたものづくりのあり方には、“富山を見つめるいろんな視点”が含まれています。今回は、富山に関わる2人のクリエイターをゲストに、デザイナーの視点、メーカーの視点、地域の視点、外からの視点など、多くの視点が重なることで生まれる新しい価値と可能性について語っていただきます。
お招きするのは、プランニングディレクターの永田宙郷さんと、手工業デザイナーの大治将典さんです。
こと富山において、永田さんは和菓子店・大野屋の「高岡ラムネ」、大治さんは鋳物メーカー・二上の「FUTAGAMI」のブランディングに取り組んでこられました。ともに「ててて協働組合」を立ち上げたことでも知られるおふたりは、富山をどのように“視て”きたのでしょうか?

会場は「日本橋とやま館」。首都圏における富山の情報の発信拠点です。両氏との懇談会では富山のお酒も振る舞われますので、館のしつらえとともに、お楽しみください。

<ゲストクリエイタープロフィール>
■永田宙郷さん/プランニングディレクター
1978年福岡県生まれ。株式会社イクス代表。金沢21世紀美術館、株式会社t.c.k.wにてデザインでの地域活性や商品開発に従事し、2007年より現職

■大治将典/手工業デザイナー
1974年広島県生まれ。建築設計事務所、グラフィック事務所を経て2007年「Oji & Design」を設立。日本のさまざまな手工業品のデザイン・ブランディングを手がける


■イベント名称
日本橋とやま館×地域ブランディング協会 
 ~クリエーターズトーク vol.2~
「外から見た、富山のデザイン力」

■開催日 2016年12月13日(火) 
■時間 19:30~21:00(19:00 開場)
■会場  日本橋とやま館 
■住所 中央区日本橋室町1-2-6 日本橋大栄ビル1階
■交通アクセス http://toyamakan.jp
最寄り:銀座線・半蔵門線「三越前」駅、銀座・東西線「日本橋」駅
■会費 一般1500円、会員1000円(富山の日本酒付き)※メルマガ会員には会員価格は適用されません 
■定員 30名(先着順)
■内容 ①講演 (60分)②質疑応答・懇談会(30分)
■申し込み方法 info@laba.or.jp宛に氏名、所属、メールアドレスをお知らせください

 

【開催終了】地域ブランディング協会主催2016年11月セミナーのお知らせ

日 程 2016年11月17日(木)
場 所 日本橋とやま館
出 演 高橋 俊宏

===========本イベントは終了しました==========
首都圏における富山県の情報発信拠点『日本橋とやま館』にて、17日(木)、「富山クリエイターズトーク」を開催いたしました。地域デザインの最前線を走る富山の魅力づくりを、富山県のブランディングをデザインの観点から行ってきた桐山登士樹氏(TRUNK 代表)を講師に迎え、富山のデザインに取り組んだきっかけやデザインキュリエーターとして手掛けてこられたプロジェクトについてお話いただきました。
桐山氏は長年に渡って富山県立近代美術館の副館長や富山県総合デザインセンターのデザインディレクターを務められており、その実感からくるリアルなエピソードにはデザインとブランディングにおけるたくさんのヒントが。
講演後の懇親会では富山の地酒がふるまわれ、参加者は美味しいお酒と富山県名産のおつまみを片手に、桐山氏と一緒にデザインとブランディングについて語り合う、楽しいひとときとなりました。
次回もどうぞ、お楽しみに!
=================================


「~クリエイターズトークvol.1~ 富山のデザインについて桐山さんと語る会」と題し、首都圏における富山の情報の発信拠点「日本橋とやま館」で、クリエイターに富山の魅力を語ってもらうイベントを開催します。

第1話のゲストは、TRUNK代表の桐山登士樹さんです。
「地域」と「デザイン」を掛け合わせ、その土地をブランディングする――
現在では多くの地方が取り組んでいますが、その先駆けはまさしく富山です。

今回はその立役者である桐山さんをゲストに迎え、富山がデザイン都市として知られるようになるまでの軌跡や、そもそも富山のデザインに取り組まれたきっかけ、これまで手掛けてこられたプロジェクトについてなど、幅広く語っていただきます。
トーク終了後の懇談会では、富山のお酒も振る舞われます! 館のしつらえとともにお楽しみください。

【名称】
日本橋とやま館×地域ブランディング協会
~クリエイターズトークvol.1~
「富山のデザインについて桐山さんと語る会」
主催:日本橋とやま館、地域ブランディング協会

【内容】
トークテーマ
「地域デザインの最前線! デザイン地域・富山のつくり方」

【登壇者】
桐山登士樹
1988年にデザインプロデュース会社TRUNKを設立。‘93年富山インダストリアルデザインセンター企画部長就任。
地域ブランドからデザイン展のプロデユースまで幅広く活動。
現在、富山県総合デザインセンターデザインディレクター、富山県近代美術館副館長などを歴任。
高橋俊宏
『Discover Japan』プロデューサー
【日時】11月17日(木)
19:30~21:00(19:00 開場)

【場所】
日本橋とやま館(定員30名*先着順)
住所:中央区日本橋室町1-2-6 日本橋大栄ビル1F 
【参加費】一般:1500円、
当協会会員(または行政従事者の方):1000 円※メルマガ会員を除く
*富山のお酒付き

【申し込み方法】
info@laba.or.jp へメールにてお申し込みください。
必要記入事項は下記になります。
・お名前・所属・メールアドレス ・会員種別(メルマガ会員/個人会員/法人・団体会員) 
※当日連絡がとれる連絡先をメールに記載ください。

 

【開催終了】地域ブランディング協会主催2016年10月度セミナー

日 程 2016年10月25日(火)
場 所 3rd_PAGE (東京都港区南青山)
出 演 水代優

===========本イベントは終了しました==========
「場づくり」という、簡単そうで実は捉えどころの難しいお話。その極意を、葉山の海の家や、丸の内「倶楽部21号館」など、数々の場を手掛けてきた、good mornings 代表の水代優さんに教えていただきました。
会場は南青山の会員制サロン3rd_PAGE。実はここも水代さんが選書からメニュー開発まで、編集” した場です。
「イベントは連載
「自分がいちばんワクワク楽しむことが大切で、会いたい人を口説きに行ける」など、例えと事例を豊富に交えたお話で、あっという間の一時でした。懇親会も大盛況。この様子はDiscover Japan 12月発売号でもお伝えいたしますので、お楽しみに。
=================================


今月の当協会セミナーは10月25日(火)です。
「場づくりとは編集です!にぎわいの場所のつくり方、教えます」というタイトルで、good morningsの水代優さんにお話ししていただきます。

水代さんは丸の内「倶楽部21号館」や浅草「まるごとにっぽん」のcafe M/Nなどを手掛けてこられた方です。
目的を持ったコミュニティーとしての場づくりに注目が集まる今、これまでの取り組みについてや、成功の秘訣などについてお話しいただきます。また、後半では当協会代表理事の高橋さんとのクロストークも行い、タイトルにもある「場づくりと編集は同じ」という言葉の意味にも迫ります!

会場である「3rd_PAGE」は、先月オープンしたばかりの水代さんが三越伊勢丹グループとともにプロデュースしたサロンです。その世界観も味わいに、ふるってご参加ください!セミナー終了後には懇親会も予定しております。

【名称】
地域ブランディング協会主催
2016年10月度セミナー

【内容】
トークテーマ
「場づくりとは編集です!にぎわいの場所のつくり方、教えます」

【登壇者】
水代優
IDEEにてカフェの立ち上げ等に携わる。2012年にgood morningを設立。
食を軸にしたクリエイティブな空間作りを通じて、街に賑わいを作ること、地域コミュニティの拠点を生むこと、それらの取り組みと連動したメディア制作が主な事業。

高橋俊宏
『Discover Japan』プロデューサー

【日時】10月25日(火)
19:00~20:30(18:30開場)
21:00~懇親会(予定)

【場所】
3rd_Page(定員40名*先着順)
住所:東京都港区南青山2-27-18

【参加費】
一般:1000円、
当協会会員(または行政従事者の方):無料(※メルマガ会員を除く)
*セミナー後の懇親会参加の方は別途3,000円

【申し込み方法】
event@goodmornings.co.jp へメールにてお申し込みください。
必要記入事項は下記になります。
・お名前・所属・メールアドレス ・会員種別(メルマガ会員/個人会員/法人・団体会員) 
※当日連絡がとれる連絡先をメールに記載ください。

 

【開催終了】地域ブランディング協会主催2016年9月度セミナー

日 程 2016年9月23日(金)
場 所 梅田蔦屋書店 4thラウンジ (ルクア イーレ9F)
出 演 佐藤 真一

===========本イベントは終了しました==========
9月23日(金)、当協会理事であり、“バリュー・クリエイター(価値創造人)”として全国各地を飛び回り、さまざまな地域活性事業を手掛けてきた佐藤真一さんによる講演会を開催いたします。

日本が観光先進国として成長するためのヒントを語っていただくとともに、セミナー後半では「ONOMICHI U2」などを手掛けたことで知られる、ディスカバーリンクせとうちの代表・出原昌直さんとの対談もあります!

本セミナーは佐藤さんが監修を務めた『地方創生の切り札 DMOとDMCのつくり方』の出版を記念し、第一回を東京で開催した際、好評を受け、この度大阪での開催が決定いたしました。

たしかな実績に基づいた観点から話される、”DMO/DMCのあり方”は必聴です。ふるってご参加ください!

【名称】
地域ブランディング協会主催
2016年9月度セミナー

【内容】
第1部 
佐藤真一さんトークテーマ
「DMOとDMCのつくり方~地方創生の切り札“観光”に革命を起こせ!
(60分) 
第2部
佐藤真一さん×出原昌直さん
トークテーマ「瀬戸内からはじまるDMOとDMC」
(60分+質疑応答15分)

【日時】9月23日(金)
15:30~17:50(15:00開場)
18:00~懇親会(別途調整中)

【会場】
梅田 蔦谷書店 4thラウンジ
大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクア イーレ9F

【定員】
60名

【参加費】
・当協会会員・無料(メルマガ会員を除く)
・一般2000円
*懇親会は別途費用

【申込/問い合わせ】
info@laba.or.jp 
下記と当日連絡がとれる連絡先を記載の上、メールにてお申込み下さい
・お名前
・所属
・メールアドレス
・会員種別(メルマガ会員/個人会員/法人・団体会員)

 

 

【開催終了】地場産業が観光地に!? クラフトツーリズムの可能性に迫る!

日 程 2016年9月7日(水)
場 所 日本橋とやま館
出 演 山田遊氏/羽田純

===========本イベントは終了しました==========
地域ブランディング協会9月セミナーを開催しました。
「地場産業が観光地に!? クラフトツーリズムの可能性に迫る!」と題し、当協会理事の山田遊氏と富山県高岡市のイベント「高岡クラフツーリズモ」仕掛人の羽田純氏に登壇いただきました。
トークショーの後は、富山のお酒とおつまみでの交流会を行い、参加者と登壇者が地域活性について語り合いました。
引き続き地域ブランディング協会ではこのようなセミナーを行ってまいりますので、ぜひご参加ください!
================================
9月7日(水)、東京、三越前駅直結の富山県アンテナショップ「日本橋とやま館」にて
地域ブランディング協会主催のトークショーが開催されます。

登壇するのは、富山を拠点にデザイン事務所「ROLE」を立ち上げ、高岡クラブツーリズモ仕掛人の羽田純氏とmethod代表取締役
兼地域ブランディング協会の理事を務め、燕三条のイベント「工場の祭典」の仕掛人でもある山田遊氏!

トークテーマは「地場産業が観光地に!? クラフトツーリズムの可能性に迫る!」です!

いま日本で一番熱い地盤産業の産地といえば、富山県高岡と燕三条。高岡クラフツーリズモは産業観光の先がけをつくり、
燕三条のイベント「工場の祭典」は1万2000人以上を動員しています。

その両産地が東京でガチンコに語りあうトークバトルが、このたび実現いたしました。
このセミナーでは、これから話題になること必至の、クラフトツーリズムという新しい観光のあり方について、どこよりも早い情報をお届けします。

それまでは想像もつかなかった、オープンファクトリーという手法で、地場産業・伝統 工芸の産地を観光に変えてのけた、燕三条と高岡のいまに学んでみましょう。 

ふるってご参加下さい。

【名称】
地域ブランディング協会主催
2016年9月度セミナー
トークテーマ「地場産業が観光地に!? クラフトツーリズムの可能性に迫る!」 

【日時】9月7日(水) 19時~20時半 (開場18時半)

【場所】日本橋とやま館
中央区日本橋室町1-2-6日本橋大栄ビル1F 
最寄り:銀座線・半蔵門線「三越前」駅、銀座線・東西線「日本橋」駅

【定員】 30名 (先着順)

【参加費】
一般2500円、会員2000円 (富山の日本酒付き)
 ※会員価格はメルマガ会員には適用されません

【申し込み/問い合わせ】info@laba.or.jp
お名前・所属・メールアドレス・会員種別・当日連絡の可能な連絡先をご記載願います。

 

会員登録はこちらから 是非この機会に地域ブランディング協会会員にご登録ください