イベントのご案内

長崎県のアンテナショップ「日本橋 長崎館」オープン

日 程 2016年3月7日(月) 12:30~
場 所 東京都中央区日本橋

3月7日、東京の日本橋に長崎県のアンテナショップ「日本橋 長崎館」がオープンします。

長崎県がアンテナショップを開くのは初となり、東京への出店は道県では39番目になります。
「日本橋 長崎館」は、魅力ある県産品を販売するほか、観光を中心とした長崎の魅力ある情報を発信します。
イベントスペースも設けており、お客様に楽しんでもらえる催しを今後は展開する予定です。

さらに、「観光等情報発信」、「物販」、「軽飲食提供」のゾーンに分かれ、楽しみ方もいろいろ!
軽飲食ゾーンでは長崎ならではの菓子や日本茶、地酒を提供。
そこで使用される食器類は、波佐見焼や三川内焼を使い、気に入ればその場で購入することもできます。

場所は、東京都中央区日本橋2丁目に新築されたビルの1階で東京メトロや都営線の日本橋駅に近く、JR東京駅からも徒歩5分ほどの好立地も魅力のひとつです。

首都圏と地元の人、モノ、情報の交流を活発化することで、“地域を元気にする”スポットとして今後の展開にも注目。
東京・日本橋で長崎の魅力を堪能しましょう!

【アンテナショップ名称】「日本橋 長崎館」
【オープン日時】平成28年3月7日(月)12:30~
【営業時間】10:00~20:00
【店休日】年末年始
【場所】東京都中央区日本橋2丁目1番3号 アーバンネット日本橋二丁目ビル1F
【アクセス】東京メトロ・都営地下鉄浅草線「日本橋駅」B7出口から徒歩1分
      JR「東京駅」八重洲北口から徒歩5分
【HPアドレス】http://www.nagasakikan.jp/
【問い合わせ】03-6262-5352(アンテナショップ代表)
       03-3241-1777(観光案内)
 

 

「DINING OUT ONOMICHI with LEXUS」@広島県尾道市

日 程 ①2016年3月26日 (土)  ②2016年3月27日(日)
場 所 広島県尾道市 浄土寺

来る2016年3月26日(土)、27日(日)、DINING OUT第8弾となる「DINING OUT ONOMICHI with LEXUS」が広島県尾道市にて開催されます。

DINING OUTとは、“日本のどこかで数日だけ開店するプレミアムな野外レストラン”のこと。
その度ごとに招く、時代を代表する料理人やクリエイターが腕を振るい、ご案内するレストランは、その土地に育まれた食材に新しい感覚を吹き込んだ料理を、その土地の自然や文化を新しい感性で切り取った演出とともに味わうことをコンセプトに掲げています。
今回の舞台となる広島県・尾道市は、“尾道水道が紡いだ中世からの箱庭的都市”としてまち全体が「日本遺産」に認定されています。

中世以来、商人の重要な交通路として重宝された『尾道水道』、そして3つの山からなる『尾道三山』。この両者に囲まれた小さな町に、尾道水道によって集積した人やもの・文化を外部から「受け入れ」、時を経て異質なものを見事に「融合」しながら発展してきました。


今回の「DINING OUT ONOMICHI with LEXUS」では、“フュージョン”ともいえる、この土地に脈々と受け継がれてきた「受け入れ」と「融合」の“尾道DNA”にインスピレーションを受け、異なるジャンルのシェフによる“最先端のフュージョン”を表現します。
料理をオーケストレーションするのは、レストラン・プロデューサー大橋直誉氏。
今回は”最先端のフュージョン”をテーマに、シェフではなく、レストラン・プロデューサーが初めて手がけるDINING OUTです。

新しい感性と革新的な料理で世界の注目を集める東京のレストラン「TIRPSE」の仕掛け人である大橋氏が、歴史ある浄土寺を舞台に、どのようなDINING OUTをつくりあげるのか。
また、ホストを務めるのは、過去に佐渡と祖谷を担当し、DINING OUTではお馴染の顔となった、東洋文化研究家のアレックス・カー氏。その学識と審美眼で日本を見つめ続けるアレックス氏の視点は、「日本遺産」である尾道のどんな魅力を捉えるのかも注目です。


開催の模様はDiscover Japanでも詳しくお伝えします!ぜひお楽しみください!


【日程】:①2016年3月26日 (土)  ②2016年3月27日(日) ※2夜限定

【場所】:広島県尾道市 浄土寺

【募集人数】:各回30名、計60名限定

【主催】:Project Dining Out (博報堂DYメディアパートナーズ)

【オフィシャルパートナー】:
 LEXUS  (http://lexus.jp)
ヱビスビール(http://www.sapporobeer.jp/yebisu/

【オフィシャルサポーター】:広島県

【協力】:尾道市・おのみちフィルムコミッション、有限会社いっとく、株式会社エスワングループ、郷土味かけはし

 

The Wonder 500<札幌>セミナーイベント開催のお知らせ

日 程 2月19日(金) 14:00-17:15頃終了予定(受付開始:13:30)
場 所 札幌男女共同参画センター 札幌市北区北8条西3丁目札幌エルプラザ3階

The Wonder 500が主催するセミナーイベントが北海道と東北で開催されます。

The Wonder 500
とは、クールジャパン政策のもと“世界にまだ知られていない、日本が誇るべきすぐれた地方産品”を発掘し海外に広く伝えていくプロジェクトです。
日本を代表する30人のプロデューサーによる“目利き”と、一般公募によって、全国47都道府県より合計500商材を選りすぐりました。
 
選定にあたっては、「ものづくり」「食」「観光」の分野において、「作り手の思いやこだわりが込められているもの」「日本固有のものづくり、サービスを支えている伝統的な価値観を組み合わせた革新性のあるもの」を評価しています。
500
商材を通して世界中の多くの方々に、心地よい感動と驚き(“Wonder”)をお届けすることができ、1人でも多くの方に「日本へ旅したい」、「日本のものを買いたい」、「日本のものを食べてみたい」と思って頂くことをコンセプトとしています。

テーマ「地方から世界へ!海外進出は何から始めれば良い!?
-The Wonder 500
認定プロデューサーから学ぶ、海外進出成功の秘訣とは?」
 
海外進出を考えている事業者様に海外進出への意欲を高めてもらい、実際に一歩を踏み出して頂くためのきっかけ作りを目的としております。
The Wonder 500
認定プロデューサーをお招きし、海外進出成功の秘訣や海外に通用する商品選定のポイントを語って頂きます。
 
(本セミナーは事業者向けのセミナーとなります)


【日時】平成28219日(金)14:00-17:15頃終了予定(受付開始:1330
【場所】札幌男女共同参画センター 札幌市北区北8条西3丁目札幌エルプラザ3
【参加費】無料
【プログラム】※プログラムを変更する場合がございます。
13:30-14:00       
受付
14:00-14:05       
オープニング、挨拶
14:05-14:25        The Wonder 500
事業概要説明
The Wonder 500
運営事務局長 池嶋 徳佳
14:25-14:55       
基調講演:「The Wonder 500目利きプロデューサーから学ぶ!世界に誇る北海道の食と観光」
・犬養 裕美子氏 レストランジャーナリスト
14:55-15:55       
トークセッション?:「北海道が世界を魅了する!北海道の世界に誇るべき魅力とは!?」
MC
・池嶋 徳佳(The Wonder 500運営事務局長)
<スピーカー※順不同>
・山田 遊氏(株式会社メソッド/代表取締役)
・矢島 里佳氏(株式会社和える(aeru)/代表取締役)
・佐藤 真一氏(株式会社バリュー・クリエーション・サービス/代表取締役)
最後に質疑応答を予定しております。

15:55-16:10        
写真撮影&休憩
16:10-16:15        
挨拶
16:15-17:15       
トークセッション②:「北海道新幹線開通に伴うビジネスチャンスとは!?」(仮称)
MC
・櫛引 素夫(青森大学准教授・地域ジャーナリスト)
<スピーカー※順不同>
・王 未来氏(ラッキーピエロ/副社長)
・大西 希氏(株式会社阿寒グランドホテル/取締役)
・佐藤 真一氏(株式会社バリュー・クリエーション・サービス/代表取締役)
最後に質疑応答を予定しております。
17:15         
挨拶

【登壇プロデューサー紹介※順不同】
■犬養 裕美子氏(レストランジャーナリスト)
東京を中心に地方や海外の食文化、レストラン事情を最前線で取材。
ファッション誌から専門誌まで数多くの雑誌で連載を持ち、その店の良さ、時代性をわかりやすく解説。
特に新しい店の評価に対する信頼は厚い。
食に関わるイベントでの講演も多数。ミラノ国際博覧会日本館基本計画策定委員会委員。
農林水産省顕彰制度・料理マスターズ認定委員。


■山田 遊氏(株式会社メソッド/代表取締役)
東京都出身。南青山のIDEE SHOPのバイヤーを経て、2007年、method(メソッド)を立ち上げ、フリーランスのバイヤーとして活動を始める。
現在、株式会社メソッド代表取締役。グッドデザイン賞審査委員をはじめ、各種コンペティションの審査員や、京都精華大学非常勤講師など、
教育機関や産地などでの講義・講演など、多岐に渡り活動中。

■矢島 里佳氏(株式会社和える(aeru)/代表取締役)
慶應義塾大学在学中の20113月、株式会社和える設立。
2012
3月、幼少期から職人の手仕事に触れられるよう、子どもたちのための日用品を、日本の職人と共につくる“0から6歳の伝統ブランドaeru”を立ち上げる。
2014
7月、直営店「aeru meguro」をオープン。
著書『和える-aeru- 伝統産業を子どもにつなぐ25歳女性起業家』他3冊あり。


■佐藤 真一氏(株式会社バリュー・クリエーション・サービス/代表取締役)
リクルート社を退社後、(株)バリュー・クリエーション・サービスを起業。
自らを“バリュー・クリエイター(価値創造の専門家)”と称し、日本全国100か所以上の地域活性事業を手掛ける。
年間300日以上を地方といわれる地域で過ごし、カスタマー視点&メディア視点で真の価値を見極め、プロデュースする日々を送っている。

■櫛引 素夫氏(青森大学准教授・地域ジャーナリスト)
1962
年青森市生まれ。東奥日報記者を経て2013年より現職。
東北大学大学院理学研究科、弘前大学大学院地域社会研究科修了。
整備新幹線をテーマに研究活動を行う。


■王 未来氏(ラッキーピエロ/副社長)
ハンバーガーショップを道南地域で16店舗運営しているラッキーピエロの副社長。
北海道新幹線開業効果の取り込みを主眼に開店した。七飯町の「峠下店」をプロデュースするなど、道南地域において北海道新幹線開業効果獲得に積極的に取り組んでいる。

■大西 希氏(株式会社阿寒グランドホテル/取締役)
鶴雅グループは、創業地の阿寒湖温泉をはじめ、道内各地に宿泊施設および、札幌市内にレストランを展開している。北海道新幹線を見据えて大沼地区に宿泊施設をオープンするなど、道内各地における新幹線開業効果獲得に積極的に取り組んでいる。

 
【お申し込み方法】本セミナーは事前登録制です。こちらのお申し込みフォームより登録ください。
https://docs.google.com/a/thewonder500.com/forms/d/1bBb3dinuMjmyxh7WxUs-Tx-3XhAD1j-zMBDcPVdhUl8/viewform?c=0&w=1







 

京都を伝える「京あるきin 東京2016~恋する京都ウィークス~」

日 程 2016 年2 月13 日(土)~3 月13 日(日)
場 所 東京都内各所

京都市では、京都に息づく四季折々の自然景観や、寺社や京町家などの趣深い町並み、
受け継がれ磨き上げられてきた伝統文化など、京都の魅力をしっかりと守り、
大切に未来に引き継いでいくための「京都創生」の取組を理解・応援していただくためのイベント
「京あるきin 東京2016~恋する京都ウィークス~」を、京都商工会議所、公益社団法人京都市観光協会、
京都創生推進フォーラムとの共催で東京都内各所で開催します。

6 回目となる今回の催しでは期間中は、京都の観光や物産を紹介するイベントが多数行われる他、
京都の歴史や文化を学ぶ特別講座、京都への移住相談会など、京都ファンにはたまらない催しが目白押しです。

【日時】:2016 年2 月13 日(土)~3 月13 日(日)
【場所】:東京都内各所
【料金】:一部有料
【URL】:http://kyoaruki.jp/
【法人・団体名】:京都市、京都商工会議所、(公社)京都市観光協会、京都創生推進フォーラム   
【所在地】:東京都中央区銀座8-15-2 銀座COMビル5F
       株式会社エムズプランニング内
【問い合わせ先】:「京あるきin東京2016」事務局
【問い合わせ先TEL/メールアドレス】:03-6671-9251(平日10:00~17:00)  info@kyoaruki.jp

Facebook    http://www.facebook.com/kyoarukiintokyo
Twitter    http://www.twitter.com/kyoarukiintokyo

 

えひめ職の担い手 移住フェアin東京

日 程 2月14日(日)、21(日)27日(土)
場 所 ラ コレッツィオーネ(LA COLLEZIONE)

えひめで、働く、暮らす、育てる。
農業・福祉・サービスなど多彩な企業が一堂に集結します!

地方への移住、愛媛県へのU・J・Iターンをお考えの皆さまに向けたイベントを開催します。
えひめの「職」はもちろん「暮らし」や「生活」、「子育て」といった情報について、
現地で暮らすか方々から具体的な話を直接聞ける機会です。

移住の決断においては避けて通れないテーマの「しごと」。
就職、農業、起業、継承など選択肢はあれど、移住先のしごと選びで、その場所での暮らしや環境は変わってきます。

都市部から地方への移住を考える上で、「職」の検討はリスクと考えがちですが、
実は「働く」ということにも、移住の魅力はたっぷり詰まっています。
「しごとから移住先の魅力を考えてみる。」それは、イメージしやすい移住検討の手段のひとつです。

えひめでの職の魅力、そこから見えてくる暮らしや環境、交流に触れてみませんか?
えひめらしい楽しく自由な雰囲気のフェアですので、お気軽にご参加ください。

【イベント名】
しごとから えひめ移住の魅力がタップリみえてくる。
えひめ職の担い手移住フェア
【日時】:2016 2/14(日) 2/21(日) 2/27(土)
13:00~17:00(受付開始12:30~)
※途中参加、途中退出も可能です。
※キッズスペースも完備!お子様もやさしい愛媛を体感いただけます

【場所】:ラ コレッツィオーネ(LA COLLEZIONE)
東京都港区南青山6-1-3 南青山コレッツィオーネ 3F
東京メトロ銀座線、千代田線、半蔵門線「表参道駅」より徒歩4分

【参加方法】
下記Webサイトより、事前にお申し込みください。
http://ehime-ijuu.jp/
※当日参加も受付予定ですが、定員に達した場合、
 参加をお断りさせていただく場合がありますのでご注意ください。

【イベントに関する詳細情報】
http://ehime-ijuu.jp/
【お問い合わせ】
愛媛県 企画振興部 地域振興局 地域政策課
〒790-8570 愛媛県松山市一番町4丁目4-2 
電話番号(課直通)089-912-2261