イベントのご案内

第12回 フクコン定例会 1周年特別企画

日 程 8月10日(水)
場 所 アクア博多

8月10日(水)の19:00より福岡市博多区にあるグラナダスウィートにて、第12回フクコン定例会が開催されます。

『フクコン』とは、鎌倉でITを使い地域活性化を行っている団体”カマコンバレー”の活動からインスパイアされた、福岡発の「福岡を愛する人を全力支援すること」をコンセプトにおいた定例イベントです。

このフクコンの記念すべき1周年となる第12回スペシャルトークセッションに当協会代表理事の高橋氏の登壇が決定しました。「コミュニティーで街を動かす!~面白×発見×リーダシップの達人達が語る~」をテーマに、面白法人カヤック代表取締役の柳澤大輔氏と高橋氏がアツく語ります!モデレーターを担当するのは、フクコン運営委員長の中田泰平氏です。

また、第二部のブレインストーミングでは、「フクコンを”街を動かす”より魅力的なコミュニティーの場にするには?」をテーマに、柳澤氏と高橋氏を交えてのブレストを予定!!

フクコン初体験の人も、リピーターの人も、どちらも楽しめるスペシャル企画です。豪華ゲストと一緒に、楽しい時間を過ごしませんか?

お近くにお住まいの方やご興味のある方はぜひ足を運んでみてくださいね!

【名称】第12回 フクコン定例会 1周年特別企画
【場所】グラナダスウィート11F  ザフォレスト
住所: 福岡県福岡市博多区博多区博多駅中洲5-3-8
アクア博多
【日時】2016年8月10日(水)受付18:30

【タイムスケジュール】
19:00~19:30 1年をふりかえって
19:30~20:15 トークセッション
20:15~21:00 ブレスト・まとめ
21:00~23:00 懇親会

【参加費】
フクコン員:1,000円
一般:2,000円
懇親会:3,000円(学生1,500円)
☆グラナダスウィートスペシャルブッフェ
☆飲み放題付き

【内容】 
◆オープニング
 ・フクコン1年を振り返って
 ・歴代プレゼンター登場!!
◆第一部:19:30~
 ・1周年スペシャルトークセッション
☆面白法人カヤック代表取締役/柳澤 大輔 氏
☆Discover Japan/編集長 高橋俊宏 氏
・モデレーター:フクコン運営委員長/中田泰平
テーマ「コミュニティーで街を動かす!」
~面白×発見×リーダシップの達人達が語る~
◆第二部: 20:15~
・ブレストテーマ
「フクコンが”街を動かす”より魅力的なコミュニティーの場にするには?」
こんな機会はなかなかないっ!
・まとめ発表
◆第三部:21:15~
・懇親会
 グラナダスウィート11Fザフォレスト
 ★グラナダスウィートスペシャルブッフェ★
 (2時間飲み放題)

【問い合わせ】
フクコン事務局:omoshirofukukon@gmail.com
【FBイベントページ】
https://www.facebook.com/events/1629919400627263/?ti=icl
 

 

『スローライフを送る移住クリエイターによる奈良・奥大和のものづくり』

日 程 6月15日(水)~21日(火)
場 所 阪神百貨店梅田本店 8階催事場 

“いいものを長く使う、賢い暮らし”をコンセプトに「生活に息づく全国手技工房展」が、6月15日(水)~21日(火)まで阪神百貨店梅田本店にて開催されます。

この展示即売会では、真珠のアクセサリーから南部鉄器、会津桐下駄から泉州木櫛、手作り帽子など、使うたびに心を満たしてくれる匠の技や、夏の装いに映えるバッグやジュエリーなど、奥大和地域にお店を構えるクリエイターが、丁寧に手作りした多くの作品が紹介されます。

さらに、イベント期間中には、移住ライフスタイルを提案する「スローライフを送る移住クリエイターによる奈良・奥大和のものづくり」というトークイベントが開催されます。

昨年、『Discover Japan』にて紀伊半島の移住企画にて紹介したデザイナーの坂本大祐さんやカメラマンの西岡潔さんが登壇され、それぞれの移住ライフスタイルを発信します。

そして、4月に開設された奈良県庁の移住相談窓口「engawa」の特設ブースも設置され、奥大和地域の移住情報提供を行います。

みなさま、是非お越しください。

【場所】阪神百貨店梅田本店 8階催事場 

【日時】6月15日(水)~21日(火)
10:00~20:00 ※最終日は17:00まで

【出店者】8市町村16事業者
<川上村>
  白い犬…木工製品(椅子、小物)
  アップルジャック…木工製品(食器類)
<宇陀市>
  熊鯛商店…アクセサリー
  虫花風~mukapu~…アクセサリー
  hamade stained glass…アクセサリー
  WEATHER REPORT…木工製品(家具)
  sora sora…木工製品(小物)
  森庄銘木…木工製品(家具)
<東吉野村>
  エーヨン…文具、小物
<下市町>
  吉辰商店…箸
  花井商店…アクセサリー
  下市木工舎「市ichi」…木工製品(家具)
<大淀町>
  あかり工房「吉野」…照明
<吉野町>
  丸商店…木工製品(食器類)
<曽爾村>
  yak…かばん
<山添村>
  健一自然農園…お茶

 

 

『AFTER GROUNDSCAPE』開催のお知らせ

日 程 6月9日(木)、10日(金)
場 所 6月9日(木):神田淡路町 ワテラスコモンホール/6月10日(金):代官山 UNICE

注目の建築家であり、東京大大学院准教授の川添善行さんのトークイベントが開催されます。川添さんは、東京大学の図書館の新館や長崎ハウステンボス「スマートハウス」の設計など、若手建築家として活躍されています。

また、川添さんの活動範囲は建築家だけに留まらず、渋谷の魅力を発信するイベント「shibuya1000」の代表理事も務めています。同イベントでは、渋谷に関わる多くの人びととの交流を通して「街づくり」に取り組み、建築家の目線から建築と都市、町づくりの関係性を研究領域に活躍され、今後は、当協会とも楽しいイベントを検討中です!

その川添さんが「GS(グラウンドスケープ)デザイン会議」の映像作品「GROUNDSCAPE」の特別上映会後に行われるトークイベント『AFTER GROUNDSCAPE』にゲスト出演されます。
「GS(グラウンドスケープ)デザイン会議」とは、2005年5月より、全国各地の総合的なまちづくりや空間デザインへの要請に応えるため、分野を超えた専門家間の協働体制を確立するための基盤となる任意団体として発足した組織です。

詳細は下記をチェック!ふるってご参加ください。

■6月9日(木)19:00~21:30
【テーマ:文明と文化】
聞き手:内藤廣(建築家、GSデザイン会議代表)
ゲスト:白洲信哉
吉見俊哉(社会学者、東京大学大学院情報学環教授)
司会:川添善行(建築家、東京大学生産技術研究所准教授)
会場:神田淡路町 ワテラスコモンホール
http://www.waterrascommon.com/access.html
定員:160人 / 参加費:無料 /
申込フォーム
https://docs.google.com/forms/d/1zpXTb_KvPhtb0z1YI5f6XsbBnGBG6dzurvrxGc8O4ZM/viewform
協力:一般社団法人淡路エリアマネジメント、 安田不動産株式会社

■6月10日(金)19:30~22:00(※22:00~交流会)
【テーマ:時代を生きる】
聞き手:内藤廣(建築家、GSデザイン会議代表)
ゲスト:内山節(哲学者、NPO法人「森づくりフォーラム」代表理事)
司会:島津翔(日経ビジネス記者)
DJ:ENA、メメ
会場:代官山 UNICE
http://unice.jp/
定員:70人 / 参加費:1,000円 /
申込フォーム
https://docs.google.com/forms/d/1ptag-qHIubiPGAu3_DrznxRxMzzT8TI9MPF38nY9fJM/viewform
※終了後、交流会を行います / 参加費2,000円(一般)、1,000円(学生)

 

 

「サバエ メガネ メッセ2016」開催

日 程 5月27日(金)~29日(日)
場 所 嚮陽(きょうよう)会館 / サバエ・シティーホテル / めがね会館

世界に誇る「Made In JAPAN(メイド イン ジャパン)」ブランドを支え、良質でかけ心地の良いめがねを世界へ送り出すまち福井県は、日本のめがね枠生産の90%以上のシェアを誇る地です。この地で、めがね関連企業が 約90社集結する産地めがね展「サバエ メガネ メッセ2016」が5月27(金)~29 (日)に開催されます。

地方発・世界基準のものづくりを感じ、めがねを楽しむ3日間は、大人も子供も楽しめる、めがねの一大イベントです!商品展示ゾーン、ものづくりゾーン、めがねづくりのワークショップなどの体験ゾーンがあり、また、「めがね」に関するワークショップやグッズ販売、飲食ブース、「めがね」を絡めたライブステージなど「めがね」づくしの祭典です。

さらに、産地のものづくりを考える特別講演とパネルディスカッションが予定されています。
産地「福井・鯖江」の職人技・技術力・デザイン力、そして新分野まで楽しみながら、めがねの魅力に触れてみませんか!入場料は無料です!

【場所】
■嚮陽(きょうよう)会館
〒916-0027
福井県鯖江市桜町2-7-1
TEL:0778-52-5789
■サバエ・シティーホテル
〒916-0027
福井県鯖江市桜町3-3-3
TEL:0778-53-1122
■めがね会館
(めがねミュージアム)
〒916-0042
福井県鯖江市新横江2-3-4
TEL:0778-42-8311

【日時】5月27日(金)~29日(日)10:00 - 17:00(29日[日]は16:00)
【参加費】無料
【主催】一般社団法人 福井県眼鏡協会
【後援】経済産業省、福井県、福井市、鯖江市、(独法)日本貿易振興機構、全日本眼鏡工業連合会、日本眼鏡卸組合連合会、日本眼鏡販売店連合会、(公社)日本眼鏡技術者協会、眼鏡記者会、(公財)ふくい産業支援センター、(公財)福井県国際交流協会、鯖江商工会議所、(一社)鯖江観光協会、(株)福井新聞社、FBC福井放送、福井テレビジョン放送(株)、FM福井、丹南ケーブルテレビ

【問い合わせ先】一般社団法人 福井県眼鏡協会 
〒916-0042 福井県鯖江市新横江2-3-4 
TEL:0778-52-9111 FAX:0778-52-9110 

 

第三回「丸の内から地域とクリエイティブを考える」勉強会開催

日 程 4月18日(月)
場 所 3×3 Lab future(さんさん ラボ フューチャー)

第三回「丸の内から地域とクリエイティブを考える」勉強会開催のお知らせ

地域ブランディング協会が地域活性に関する様々なテーマを、一線で活躍するゲストをお招きして開催する勉強会。

その第一弾は、月刊誌『Discover Japan』が過去複数回に渡り、地域の情報発信をメインテーマとして行うイベントをコラボレーションしてきた
新丸ビルの飲食フロア「丸の内ハウス」の統括マネージャー・玉田泉氏を迎えて「響く情報発信」や「クリエイティブの使い方」① ~丸の内ハウス編~では、場づくりにおけるクリエイティブの使い方を語っていただき、懇親会では活発な議論が交わされました。

第一弾の締めとなる、第三回目の今回は、丸の内ハウスで培ったクリエイティブの活用法を地域で実践する取り組みとして展開中の舞鶴赤レンガ倉庫の取り組みを中心に、同所のロゴも手がけられたデザイナー・北川一成氏にも加わっていただき、地域活性におけるクリエイティブの役割を語りあっていただきます。

ここでしか聞けない貴重な話しが盛りだくさんです。
勉強会後は、玉田氏、北川氏を招いた懇親会が予定されていますので、お楽しみに!

<勉強会の詳細>
【日時】4月18日(月) 19:15~20:15

【場所】3×3 Lab future(さんさん ラボ フューチャー)
【交通アクセス】
 東京都千代田区大手町一丁目1-2 大手町タワー・JXビル 1階
 千代田線大手町駅C10番出口
※勉強会の場所が変更になりました
 
【参加費】3,000円 *個人会員・法人会員は無料
【定員】 20名
【登壇者】高橋俊宏
(Discover Japanプロデュサー / 地域ブランディング協会代表理事)
 玉田 泉(丸の内ハウス統括マネージャー)
 北川一成氏(クリエイティブデザイナー)

【申し込み】info@laba.or.jp
※お名前・所属・会員種別・懇親会参加の可否・当日連絡がとれる連絡先について記載の上、メールにてお申込み下さい

<玉田泉プロフィール>
丸の内ハウス統括マネージャー
1982年三菱地所へ入社し92年退社。2005年、「大手町カフェ」立ち上げのため同社復帰。06年「丸の内ハウス」の立ち上げから担当。
現在は独立し新丸ビル内「丸の内ハウス」の統括マネージャーを務めるほか、「舞鶴赤レンガパーク」をはじめ各地域の商業施設のブランディングや商品開発、メニュー開発を手掛けるなど幅広く活躍

<北川一成プロフィール>
GRAPH代表取締役/ヘッドデザイナー。経営資源としてのデザインの在り方の提案により、中小企業から高級ブランドまで、多くのクライアントから支持を得ている。


<懇親会の詳細>
【日時】 4月18日(月) 20:30~22:30
【場所】 新丸の内ハウス内『mus mus』
【会費】 6,000円
【定員】 15名(先着順)